40代50代 膝の痛み

  • HOME > 膝の痛み関節痛の悩み > 40代50代でも膝の痛み変形性膝関節症は起こる?

40歳でも変形性膝関節症は起こるの?

40歳でも変形性膝関節症は起こるの?

 高齢者の病気と思われがちなのが膝の痛みに多い変形性膝関節症。加齢とともに膝関節の軟骨部分が擦り減り、炎症から痛みが起こる疾患です。
 でも初めに答えを言ってしまうと実は、膝の変形性関節症は40歳でも起こり得る病気です。

 体の関節の中でも膝は、最も負荷の掛かる場所と言われています。確かに全体重のほとんどを支え、さらに歩いたり走ったり立ち座りなど人間が体を動かす動作の多くに必要なのが膝関節です。
 しかも歩く際に片足ずつ掛かる負荷は体重の3〜4倍、走る運動や階段の上り下りではさらにそれ以上の負担が掛かっています。

 そのため、太っている肥満体型の方や膝を酷使する激しい運動を長期間行ってる方などは特に、膝軟骨の摩耗減少が一般の方に比べて早い傾向にあります。
「体重も重くないし運動もしていない」という人もいるかもしれませんが、この他にもO脚やX脚など脚の歪みが原因になったり、個人差も当然ありますから、安心はできません。

 年齢的に60歳以上から変形性膝関節症を羅患する人口がグンと増えますが、早い方では40代50代でも発症している現実があります。
 もちろん、膝が痛いからといって変形性関節症と断定できませんから、整形外科でレントゲン診断など医師に診てもらうのが先決です。

変形性膝関節症の治療法は若くても基本同じ

膝の痛み変形性関節症の治療

 変形性膝関節症の治療法は、運動療法薬物療法が一般的です。
 薬物療法は非ステロイド抗炎症薬で和らげたり、膝関節に直接ヒアルロン酸やステロイドを注射して痛みや炎症を無くしたりします。

 変形性関節症は関節のクッション性や潤滑性が低下して炎症を起こすため痛むのですから、無理な運動は逆効果です。まずは安静にして患部の炎症を抑える治療が先決となります。

 とは言え、関節を使わないと筋肉が衰えてしまいますから、徐々に動かして筋力で関節を補助していくのが運動療法です。

 これら治療法は年齢に関係なく変形性関節症に有効です。

注目の膝関節サプリもおすすめ

膝に効く話題の関節サプリ

 変形性関節症は関節軟骨を体内で作る力が衰えて起こりますから、膝関節サプリで成分を摂取するのもおすすめです。

 特に最近では医師も注目する新しい軟骨そのままの成分「非変性U型コラーゲン」や「非変性プロテオグリカン」が凝縮したサプリメントもありますから、グルコサミンやコンドロイチンといった、効果の医学的根拠が証明されていない成分と違い、摂取しても消化分解されずにそのまま吸収されるのが話題です。

 実際に使ってみた効果や評判などサプリについて詳しく書いた記事がありますので、よろしければご覧ください。
⇒「膝痛の悩みに効く関節痛サプリメント」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント