グルコサミンが効かない グルコサミンとは

  • HOME > 膝の痛み関節痛の悩み > グルコサミンは効かない!?グルコサミンって何?

グルコサミンは効かないの?

 関節痛サプリメントの成分ととして有名な「グルコサミン」。

 膝の痛みや関節の不具合に効く成分として、たくさんのメーカーから配合されたサプリメントが発売されていますから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 しかしながら、このグルコサミンという成分を実際に理解して服用している方は、残念ながら非常に少ないようです。

 そしてもう一つ、信じて購入する人を裏切るような信じられない事実として「グルコサミンを配合したサプリは関節痛に効果が無い」と言う医師や専門家が多い現状があります。

 そんな賛否両論あるグルコサミンとは、どんな成分なのでしょうか。

グルコサミンはブドウ糖の一部がアミノ酸に置換したもの

関節のサプリメント

 グルコサミンとは、グルコース(ブドウ糖)の一部の塩基配列がアミノ酸に置き換わったもので、アミノ糖とも言われています。

 人間の体内ではNーアセチルグルコサミンという状態で、糖タンパク質やヒアルロン酸の成分となっています。

 そしてこの糖タンパク質やヒアルロン酸は、さらに大きな化合物である「プロテオグリカン」として、関節軟骨に関係するんですね。

 ちなみにこのヒアルロン酸は有名ですから皆さんもご存知だと思いますが、肌の保湿効果や軟骨のクッション組織に存在する成分です。

グルコサミンはカニやエビの殻から採取

 サプリの原料となるグルコサミン、実はカニやエビの殻(キチン質)から摂れるモノを使っているがほとんどです。

 カニやエビだから全く無害であり、原料も安価で安心して服用する事はできますが、唯一、甲殻類アレルギーの場合は、服用に注意が必要です。
 アレルギーに反応してしまっては関節痛を治すどころではありませんから。

 また、違った意味で気を付けなければならないのは、医薬品でない健康食品サプリとしてのグルコサミン含有量表示です。
 医薬品に関しては、パッケージ表記と含有量の誤差があれば厳しい処分がありますが、健康食品に関しては罰則も弱く注意を受ける程度なんだとか。

 そのため、ある調査機関の調べでは、グルコサミン健康食品サプリには容器に表示された内容に遠く及ばない分量しか配合されていない商品が非常に多いと確認されています。

 これでは、グルコサミンが効く効かない以前の問題として、消費者を馬鹿にしていますね。

結局グルコサミンの効果は?

「で結局、グルコサミンに効果はあるの?」ということですが、グルコサミン成分が人間の体内にある骨と骨の間の関節軟骨で、衝撃を吸収するクッションの役割成分の一部を担っているのは間違いありません。

 しかしながら、新しい軟骨を自ら作る力が加齢とともに衰えてくる事に対して、グルコサミン成分をたくさん摂取したからといって効果が出るとはもちろん言えません。
 というのも、サプリメントのように口から摂取した栄養素は胃や腸でさらに細かいアミノ酸や糖などに消化分解されてしまい、結局、グルコサミンである意味がなくなってしまうからです。

 ただし、グルコサミンサプリを飲んで効果が現れたと言う方が実際に居るのも、割合はかなり少ないですが事実です。

 これについては、プラセボ効果(プラシーボ効果)によって、思い込みが自己治癒力を高めて改善されたという専門家の意見が定説となっています。
プラセボ効果とは:有効成分を含まない偽薬(プラセボ)を、特効薬と偽り思い込ませることで、自己暗示によって体の免疫力や自然治癒力が高まり、改善の効果を現すこと)

 ちなみに現在、グルコサミンやコンドロイチン硫酸とは全く違う世界的にも注目される新しい関節痛成分が登場しています。

グルコサミンとは違う!新成分関節痛サプリが話題です!
⇒「膝痛の悩みに効く関節痛サプリメント」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント