膝の痛み 杖

  • HOME > 膝の痛み関節痛の悩み > 膝の痛み関節症に杖は有効なの?

膝の痛みに杖(ステッキ)はどうなの?

膝の痛み関節症に杖(ステッキ)はどうなの?

 膝の痛み、特に高齢者に多い変形性膝関節症に杖(ステッキ)など歩行具は効果があるのでしょうか。

 一般的に普及しているのは、T字型の一本杖です。軽量でコンパクトなので使い勝手も良く、流通量が多いので値段もお手頃価格になっています。
 自分に合った杖の選び方は、直立姿勢で腕をだらんと下げた状態の手のひらから地面までの長さ、そして杖の重心が高いものが使いやすくなります。

 長さが調節できるタイプのものもありますから、使用しながら自分にぴったりの長さに微調整する事もできます。ただし、調整できるものは重心が低くなってしまう傾向があるのでご注意ください。

変形性ひざ関節症に人気の押車タイプ

 ちなみに杖が有効かどうかの結論として、どちらか片方の膝だけ痛いという方にはとても有効だと思いますが、変形性関節症は加齢による軟骨の擦り減りが大きな原因となりますから、大抵の方が両足に痛みを感じる傾向にあります。

 そのため、杖よりも両手で押す押車のような座る事も出来るものが、使い勝手も良く人気が高いようです。

 また、痛みの原因は軟骨のクッション作用が弱まり炎症を起こす事ですので、まずはとりあえず無理に動こうとせず、炎症がある程度治まるまで安静にするのが第一です。そして、自分で勝手に判断するのではなく、整形外科の医師と相談しながら治療を進めましょう。

また関節症や関節リウマチに多脚型杖が最適

 高齢者の関節症には他にも関節リウマチや股関節症の方も多くいらっしゃいます。そういった方におすすめなのが「多脚型杖」です。

 杖と言うと支点が一つの1本杖を思い浮かべる方が多いと思いますが、この多脚型杖は脚が4点になっており、より高い安定感があります。歩行訓練などにも最適で病院のリハビリ訓練などに使われています。

まずは無理をしない事が大切

 膝の痛みなどで歩行に支障が出てくると、どうしても行動範囲が極端に狭まるので、無理をして動きたくなってしまいます。

 でも無理は禁物。まずは自分の状態を知り、ゆっくり確実に治療を進めましょう。

 もちろん、ずっとそのままという訳にはいきません。動かないまま長い時間が経ってしまうと、筋力が低下して改善がさらに困難になってしまいます。
 まずは焦らず、でも着実に治すという意識で取り組みましょう。

 ちなみに現在、グルコサミンやコンドロイチンでは効かなかったという方に話題の膝関節サプリがあります。
 当サイトでは膝の関節痛に効くサプリの実体験も紹介していますので、よろしければ以下よりご覧ください。

グルコサミンやコンドロイチンとは違う関節痛サプリが話題!
⇒「膝痛の悩みに効く関節痛サプリメント〜グルコサミンが効かない人へ」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント