レントゲンじゃなくMRI 膝痛の理由

  • HOME > 膝の痛み関節痛の経験談TOP > レントゲンじゃなくMRIで分かった左膝の激痛理由

レントゲンじゃなくMRIで分かった左膝の激痛理由

 二人目の子どもが産まれた約5年前頃、階段を踏み外してバランスを崩した時に左膝に激痛が走りました。その時は子ども達の世話に追われて「何か痛い」と感じたまま過ごしましたが、そのうち入浴中に体育座り状態で湯船に浸かっていると膝が硬直してしまうようになりました。

 そして段々膝の曲げ伸ばしが苦痛になり、歩く時はびっこをひかなきゃ歩けない、階段の上り下りは右足のみでになったのでこれはちょっとヤバイと思い、子ども達を連れて整形外科を受診しました。

 レントゲン写真では異常なし、じゃあ骨じゃなくて中だねという事でMRIを撮ってみると靭帯が裂けていました。学生時代の部活動中に負傷した古傷が、階段を踏み外した際に裂けたんだろうという事でした。
 医師曰く「裂けた靭帯が再びくっつく事は無いから切るしかない。膝を切開せず穴を空けるだけの簡単な手術でできるから。入院も2、3日だけで済みますよ」。

 でも乳飲み子を抱えた当時の私にとって2、3日なんてとても家を空けられない。迷っていると「膝に水がだいぶ溜まっているようなので抜いておきましょう。それで少しは痛みが軽減されるはず。都合がついてからまた手術の予約をしにきてください。でも…多分すぐに痛みに耐えかねて手術したくなると思いますよ」とのことでした。

 医師の言った通りでした。もう毎日何をするにしても膝が痛い。運転中も痛くなって来るので信号で停車する度にマッサージしてましたし、そのうち就寝中にも痛みで目が覚めるようになりました。手術…でも子ども達…下の子が卒乳したら、上の子が長期休みに入ったら実家に預かってもらおう、それまでは頑張るしかない!

 区切りを決めて覚悟を決めたからか、それとも私が膝が痛いからと言って待ってはくれず動き回る子ども達について回っていたせいか、段々びっこをひかずに歩けるようになってきました。
 もしかして動かすと鍛えられる??と思い追いかけっこや登山等に果敢にチャレンジし始めると膝の痛みを自覚することが全く無くなりました。凄い!と喜んでいたんですが…下の子も入園して手が離れると、また痛み出すようになってしまいました。

 今では雨の日、寒い日、ジャンプした時、重い物を持った時に膝が痛みます。坂道や階段を降りる時も痛みます。左膝を無意識にかばっていたせいか右膝や腰も痛くなる時があります。
 できるだけ膝を冷やさないようにして、後は低周波マッサージを当てたりして凌いでいます。後は適度な運動も。やっぱりじっとしているよりは動かしている方が私はいいみたいです。このまま手術せずに過ごせたら、と思っています。
38歳 女性

⇒「膝の痛み関節痛の経験談TOP」へ戻る

グルコサミンやコンドロイチンとは違う関節痛サプリが人気!
⇒「北国の恵みの評判と正直な感想を口コミ!」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント