プロテオグリカン 膝痛改善方法

  • HOME > 関節痛を治す! > ひざ若返り物質プロテオグリカンで膝痛の改善法

プロテオグリカンで膝痛の改善法とは?

プロテオグリカンで膝痛改善法は?

 テレビ朝日の番組「たけしのみんなの家庭の医学」で紹介されて話題のひざ若返り物質プロテオグリカンは膝痛など関節の痛みを改善する軟骨成分として注目されています。
 プロテオグリカンはスポンジのように水分を保水して、関節の骨と骨の衝撃を和らげるクッションの役割があります。

 と言ってもプロテオグリカンは本来、自分の体内で十分に作られているものなのですが、体重が増加したり高齢になるにつれて、自らの生産量が減少してしまい、クッション効果が衰えて炎症など関節の痛みへと繋がってしまいます。

 そこでまず、膝痛の解消としてテレビでも紹介していたのが「小分けウォーキング法」です。
 日々の生活の中で意識して足を使う事によって、関節の血流を良くしてプロテオグリカンの体内生成を促す事ができるんですね。

 やり方は至って簡単で、1日に10分間の普通に歩くウォーキングを3回、間に十分な休憩を取りながら行う方法です。

 ただしここで注意!
 人によってひざの状態は個人差があります。ひざ関節の炎症が酷い場合は炎症がある程度治まるまで安静が必要ですし、関節が脆くなっている方は無理をせず加減しながら行わないといけません。

プロテオグリカンが減少する原因

 膝痛へと繋がるプロテオグリカンの減少原因には、大きく別けて3つの条件があります。

・高齢化
・体重が増える
・女性ホルモンの影響

 まず、加齢によってプロテオグリカンの生成が弱まってしまう事。特に40歳以上になるとその傾向が顕著に現れはじめるそうです。

 次に、体重の増加によって、ひざ関節への負担が増える事。体の全体重のほとんどを支える膝ですから、軟骨を傷付けてしまいプロテオグリカンが作られづらくなってしまいます。

 最後に、女性である事。高齢になるにつれて女性は男性に比べて関節痛の悩みが圧倒的に多くなります。それには女性ホルモンの減少が関係しています。

 もちろん、このように個人差はあるものの、年齢が上がるにつれてプロテオグリカンの減少は誰しも避けられないところではあります。そのために、小分けウォーキングなどで膝関節を意識的に使う改善方法が、テレビでも紹介されていました。

 ですがもし、膝の痛みが酷かったり関節に不安を持つ方には、日本初プロテオグリカンのサプリがおすすめです。

プロテオグリカンサプリで膝痛改善

プロテオグリカンサプリ北国の恵みで膝痛改善

 プロテオグリカンは1970年代の昔から存在は知られていましたが、非常に熱に弱い成分のために、研究によって抽出・量産する事が近年まで実現しませんでした。
 そして、世界で初めて成功したプロテオグリカンサプリが国産の「北国の恵み」サプリメントです。

 今まで関節サプリと言えば「グルコサミン」や「コンドロイチン」といった成分ばかりでしたが、実はグルコサミンやコンドロイチンは、プロテオグリカンのごく一部の小さな部品でしかないんです。
 そのため世界中でプロテオグリカンについて研究されていたのですが、商品化はずっと実現していませんでした。

 だから「北国の恵み」は世界中が大注目のプロテオグリカンサプリです。

 「北国の恵み」について詳しく書いた記事がありますので、よろしければご覧ください。

膝痛に話題のプロテオグリカンサプリ「北国の恵み」!
⇒「膝・肘など関節痛に話題サプリ」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント