関節に一番良いサプリ

  • HOME > 関節痛を治す! > 関節に一番良いサプリは?

関節の悩みに一番良いサプリメントは?

関節に一番良いサプリは?

関節の痛み悩みに一番良いサプリは?

 膝や肘、腰などの関節が痛み始めると誰もが思うのではないでしょうか。でも、関節の痛みと一口に言っても、その病状や原因は多種に渡ります。

 年齢を重ねるごとに増える関節痛で一番多いのが「変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)」。その他、関節リウマチや痛風、五十肩、化膿性関節炎や骨肉腫などの場合もあります。

 もちろん、整形外科の医師に看てもらう事が先決ですが、中高年の実に6割以上が膝の痛みを抱えており、約1000万人いると言われているのはやはり変形性関節症です。それに次いで関節リウマチが挙がります。

 変形性関節症は早い方で40代から高齢になるほど増加していき、さらに女性の割合が増えていきます。関節リウマチは30代から50代の間に多く、早めの治療で痛みや後遺症を抑える事が可能です。

変形性関節症・関節リウマチに一番良いサプリ

肩変形性関節症・関節リウマチに一番良いサプリ

 変形性関節症と診断された場合、医師によって対処方法が大きく変わってしまう現状があります。

 というのも変形性関節症は、老化によって関節の衝撃を和らげるクッションの役割を担う軟骨成分を、自ら生成する力が弱まってしまい、骨と骨が擦れ合い炎症を起こしている状態です。
 そのため、「痛みが収まるように安静にした方がいい」と言われたり、「炎症が収まってきたら少しずつ動かして筋肉を付けて」と言われたりします。

 とはいえ、軟骨生成の力が回復する訳ではなく、決定的な治療とはいきません。

 変形性関節症に有名な成分と言えばグルコサミンやコンドロイチンですが、名前だけが一人歩きしている感が強く、多くの医師が“効果が無い”と公言している現実があります。

 近年話題となっているおすすめの成分は、非変性プロテオグリカン非変性U型コラーゲン。熱によって壊されていない注目の成分で、日本の企業が量産化に成功し、世界的に脚光を浴びています。

 また、関節リウマチは免疫異常から来る病気で、通常は体に害のあるウィルスや病原菌を撃退するはずのリンパ球が、自分自身の細胞を攻撃してしまい、炎症が悪化する事で骨や軟骨を破壊・変形させてしまいます。

 この関節リウマチに効果的だと注目されているのがやはり非変性U型コラーゲン。サプリメントで摂取しても胃酸で壊される事無く腸まで届き、そのまま吸収される事で、免疫異常を抑える作用が確認されており、「免疫寛容療法」として医療機関でも治療に使われている成分です。

 これらの非変性プロテオグリカンと非変性U型コラーゲンを凝縮したサプリメントが「北国の恵み」。2大成分の量産化に成功した企業が監修して作られた画期的な商品です。
 「北国の恵み」について詳しく書いた記事がありますので、よろしければご覧ください。

新成分配合の関節痛サプリ「北国の恵み」!
⇒「膝・肘など関節痛に話題サプリ」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント