膝痛の原因 体重増加

  • HOME > 膝の痛み関節痛の経験談TOP > 膝痛の原因は体重増加じゃなかった

膝痛の原因は体重増加じゃなかった!

 現在は痛くないのですが、今から3年前のことです。私は初産で妊娠後期でした。
 体重増加し過ぎてたんぱく尿もでてしまい産婦人科で食事の管理をしてもらう程でした。

 そんな時、突然右足が痛くなり曲がらなくなってしまいました。

 元々、偏頭痛持ちだったため産婦人科の先生から妊娠中でも安心して服用できる解熱鎮痛剤(カロナール錠)を処方してもらってあったので服用しました。

 体重が急に重くなったせいで膝にきたのだと思い始めは薬を飲んで様子をみていましたが、右足をかばって歩いていた為、今度は左足まで痛くなってしまいました。

 出産ギリギリまで働く予定だったので、このままでは仕事できないと思い病院を受診しました。

 しかし職場と自宅から産婦人科が離れており、産婦人科には月に1度しか通院していませんでしたし、仕事もなかなか休めなかったので、職場の近くの町医者(外科)にかかり事情を説明したところ、妊娠中は特別なことがない限りレントゲンは撮らない方がいいからと、言われました。

 やはり体重増加の為の膝痛だからと、妊婦でも使用できるシップをもらい貼っていました。
 ところが、ぜんぜん痛みが和らぎもしないので、今度は家の近くの大きな整形外科を受診しました。そちらでも、体重増加の為だから赤ちゃんを産むまで我慢するように言われレントゲンも撮らず処方もありませんでした。

 我慢するしかないと、あきらめていたところ月1回の産婦人科受診がきたので、先生に相談したところ・・・、なんと、妊娠してお腹が大きくなった為に太もものつけ根にある、神経か血管を圧迫している可能性があるから、出産すれば自然に治ると言われました。

 産婦人科の先生曰わくお腹が大きくなり過ぎでおこった症状だそうで、左足は右足をかばったせいかもね。とのことでした。

 原因もわかり、「もう少しで治る」と思えば我慢できました。
 出産も色々あり、緊急帝王切開で赤ちゃんを出産したため産後バタバタしてしまいすっかり膝痛のことなんて忘れていましたが、知らないうちに膝痛がなくなっていました。産婦人科の先生の言う通りでした。

 痛みだからと言って外科や整形外科に行くのではなく妊娠中は何でも産婦人科の先生に相談するのがいいんだなと痛感しました。
37歳 女性

⇒「膝の痛み関節痛の経験談TOP」へ戻る

グルコサミンやコンドロイチンとは違う関節痛サプリが人気!
⇒「北国の恵みの評判と正直な感想を口コミ!」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント