コンドロイチンやグルコサミン食材

  • HOME > 膝の痛み関節痛の悩み > コンドロイチンやグルコサミンを多く含む食材は?

コンドロイチンやグルコサミン食材は何?

コンドロイチンやグルコサミン食材は?

 関節の軟骨を作る成分コンドロイチングルコサミンは一体どんな食材に含まれるのでしょうか。調べてみました。

 関節痛に効く成分と言われますが、思っているよりも多く日常の身近な食材に含まれています。

コンドロイチンを多く含む食材

関節痛 変形性肩関節症

 コンドロイチンは食物繊維の仲間ですが、動物性のものと植物性のものがあります。全体的にネバネバ・トロトロとした食材ばかりです。

動物性コンドロイチン

フカヒレ、ウナギ、ドジョウ、ヒラメ、ナマコ、鶏の皮、すっぽんなど

植物性コンドロイチン

山芋、里いも、納豆、なめこ、オクラなど

グルコサミンを多く含む食材

 アミノ酸と糖が合成されたアミノ糖の一種で、摂り過ぎると血糖値や血圧、血中コレステロール値の上昇に注意が必要です。

カニやエビの殻、ウナギ、納豆、干しエビ、山芋、オクラ、モロヘイヤ、めかぶ、イカの軟骨、なめこ、里芋、豚足など

グルコサミンやコンドロイチンと関節痛

 コンドロイチンやグルコサミンは軟骨を作る部品成分ですが、変形性関節症のような膝や肘の関節痛への効果は医学的に証明されているわけではありません。

 変形性関節症は大抵の場合、加齢などによって自分の力でコンドロイチンを生産したりグルコサミンを合成したりする力が弱まって起きてくる症状です。
 とはいえ、意識的に食材を摂取するのは関節痛の予防に悪い事ではありません。納豆などは身近で取り入れやすい食材です。

 ちなみに、すでに関節痛の悩みを抱えている方におすすめの新しい軟骨成分が発売され、話題になっています。
 よろしければご覧ください。

グルコサミンが効かなかった方に人気の関節痛サプリ!
⇒「『北国の恵み』膝・肘など関節痛に話題サプリ」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント