貧乏ゆすりで軟骨再生トレーニング

  • HOME > 膝の痛み関節痛の悩み > 貧乏ゆすりが膝と股関節に良い効果!?軟骨のリハビリと健康ストレッチ

貧乏ゆすりが膝と股関節に効くって本当?

貧乏ゆすりが膝と股関節に効くって本当?

 私も初めて聞いた時はかなりショッキングな内容だなと、半分疑っていた記憶があります。。

 だって「貧乏ゆすり」が、膝軟骨や股関節に良い効果があるというのですから。

 貧乏揺すりと言ったら「行儀が悪く、落ち着きがない」なんて、私たちが子供の時分はよく叱られたものです。
 確かに自分以外の他人がカタカタ膝を揺すっていれば気になってしまうし、「イライラしてるのかな・・」なんて勘ぐったり、こちらまで変に気疲れしてしまうこともありますよね。

 そんなあまり良いイメージの無い貧乏ゆすりが、膝や股関節のリハビリ運動として指導する病院もあるというんです。そして有名な健康テレビ番組でも取り上げられたことも。

 今回はこの貧乏ゆすりと膝や股関節の痛みの関係について、調べてみました。
 ちなみに貧乏ゆすりは英語で“ジャグリング”と言うそうです。

NHKためしてガッテンで放送された貧乏ゆすり

 健康テレビ番組の有名どころと言えば、NHKの「ためしてガッテン」です。
(現在は「ガッテン」に変わりました)

 その試してガッテンで取り上げられた膝・股関節の軟骨再生と貧乏ゆすりの内容では、かなりの反響があったようです。(2014年6月放送)
 そりゃそうですよね。関節に無理して病院に通ったり治療費も掛からずに、軟骨の回復が期待できるリハビリ運動が、家で椅子に座りながらお手軽にできるのですから。

 この他にも、フジテレビ情報番組「とくダネ!」でも“新常識ニッポンの医療”と題して、貧乏ゆすりで関節ケアだけでなく足のむくみ改善や血栓予防などの効果が検証されたり、テレビ東京の番組「たけしのニッポンのミカタ!」で、クセの嫌われ者ナンバー1の貧乏ゆすりが健康を助けるといった内容を放送したり、各所で注目されています。

 もちろんその貧乏ゆすり運動は皆さんがよくご存知の通り、ほんの数センチ動かすだけです。

柳川リハビリテーション病院の井上名誉院長のお話

 貧乏ゆすりリハビリの第一人者、福岡県にある柳川リハビリテーション病院の井上明生名誉院長がおっしゃるには、負担を掛け過ぎないように関節を動かしてあげる運動は、関節をサポートする筋肉の活発化と血流の改善、そして継続的に動かすことで軟骨に刺激を与え、関節を包み込む髄液(関節液)から栄養補給して再生されるのだそうです。

 当然、人によって個人差はあるそうですが、その柳川の病院では関節温存手術の術後などリハビリとして取り入れられており、人工関節置換術が必要な重度関節症だけど他要因により手術が受けられない方などに「貧乏ゆすり」を指導しても大きな成果が現れてるのだとか。

 高齢者に多い変形性関節症では、軟骨再生の医学的にはっきりとした治療法がまだ確立してはいませんが、それでも「炎症を悪化させない程度に可能な限り動きましょう」という医師の言葉には、筋力を付けて関節の負担を軽くするだけでなく、軟骨への良い効果もやはりあるように思いえす。

 もちろん、無理は禁物ですよ。

関節に効果的な貧乏ゆすり(ジャグリング)の正しいやり方

 それでは、関節に最も効果的な貧乏ゆすり(ジャグリング)の正しいやり方についてです。

 ひとくちに“貧乏ゆすり”といっても、ちょっとしたコツや姿勢の違いで関節への運動具合がけっこう変わってしまいます。といっても全然難しい訳ではないので、コツを掴んで正しい方法で毎日やってみてくださいね。

1、座り方

 座る椅子の高さは、膝から足裏までの高さと同じものを使います。
 これが高過ぎても低過ぎても駄目。丁度いい高さの椅子だと、座った時の膝の角度を90度に出来ます。

 膝の角度90度にプラスして、背筋を伸ばし、お尻から上半身の角度も90度にします。

関節に効果的な貧乏ゆすり(ジャグリング)の正しい座り方

 これが正しい座り方です。

座る膝の角度90度が関節ケアにとても大事

 足が前に出たり内側に入り過ぎてると、ジャグリング時の関節の動きが少なくなってしまい、効果が半減してしまいますから、90度を意識します。
 また、90度90度の正しい姿勢であれば、背中を壁にペタッと付けて寄り掛かりながらでも大丈夫です。

 後はこの姿勢で貧乏ゆすりを癖になるくらいやり続けます。

2、貧乏ゆすりの種類

 ちなみに貧乏ゆすりにも種類があるって知ってましたか?

・かかとが上下する「かかとタイプ」

一般的に貧乏ゆすりと言うとイメージする「かかとタイプ」が今回のメインです。

かかとを上下する貧乏ゆすり「踵タイプ」

 かかとを上げ下げします。写真は両足同時に行っていますが、片脚ずつでも大丈夫です。

・膝を左右に揺らす「膝タイプ」

 足裏を床にペタッと着けたまま、膝を開いたり閉じたり左右に揺らします。

膝を左右に揺らす貧乏ゆすり「膝タイプ」 膝を開いたり閉じたり揺らして股関節ケア

 私としてはこれが貧乏ゆすりという印象はないのですが、クセとしてやってる方の割合は思ったより多いんだとか。
 こちらの「膝タイプ」も「かかとタイプ」の合間に行うと、股関節により効果的だそうです。

・つま先をトントンする「つま先タイプ」

 かかとを着けたままつま先を上下する「つま先タイプ」の方も、数は少ないですが一定数いるようですね。

 ただ「つま先タイプ」は、今回の関節ケアに必要ありません。

3、運動する時間

 指導するお医者さんによって違うようですが、運動時間は1日に2時間〜4時間程度が目安です。
 テレビを見ながら、本を読みながら、会話しながら、常に意識して行いましょう。

 もちろん、いくらジャグリングが簡単だと言っても運動は運動ですから、初めは少な目から徐々に慣らしてくのが良いと思います。

4、1日3分ひざ伸ばし運動もプラス

 変形性膝(しつ)関節症で膝の痛みが酷い方は、1日3分の「ひざ伸ばし運動」もプラスしましょう。

 やり方は驚くほど簡単!
 床に足を伸ばした状態で座り、ひざを数センチ持ち上げて降ろす運動を片脚ずつ行います。

1日3分ひざ伸ばし運動 膝を数センチ持ち上げる

 上の2つの写真、違いが分かりづらいですけど、右足の膝を数センチ持ち上げています。
 これを片脚ずつゆっくり行います。

 膝上の筋肉を鍛えながら、膝関節を包み込む“関節包”を軟らかく改善できるのだそうです。

 このトレーニングは簡単過ぎて治るのが信じられないくらいの動作ですが、かなりの方が膝の痛みを回復されています。

貧乏ゆすりで関節リハビリまとめ

 自宅で簡単、貧乏ゆすりで関節リハビリについて書いてきましたが、いかがでしたか。

 座って負荷を掛けずに関節を動かすもの凄い簡単な方法ですが、全国的に話題になるほど注目の関節ケア運動です。是非、お試しください。

 健康で元気に歩けたり動かせるうちは運動するのと一緒で、いつまでやれば良いというものではありません。本当に癖にしてしまうくらい続けられたら良いですね。

膝に効く話題の関節サプリ

 ちなみに変形性関節症は老化により関節軟骨を体内で作る力が衰えて起こりますから、膝関節サプリで成分を摂取するのもおすすめ。

 特に最近では、医師も注目する新しい軟骨そのままの成分「非変性U型コラーゲン」や「非変性プロテオグリカン」が凝縮したサプリメントは、特にグルコサミンやコンドロイチンなどで効果を感じられなかった方に人気です。

 実際に使ってみた効果や評判などサプリについても書いてますので、よろしければご覧ください。
⇒「膝痛の悩みに効く関節痛サプリメント」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント