四十肩五十肩 関節痛改善

  • HOME > 関節痛を治す! > 四十肩五十肩の関節痛を改善

四十肩五十肩関節痛の改善・治し方は?

四十肩五十肩の関節痛を改善

 関節痛の中でも治療が曖昧になりがちなのが四十肩や五十肩といわれる症状です。

 主に40歳前後からの発症が多く、肩関節の周りの筋肉や腱、関節をスムーズに動かすための潤滑液がある滑液包の炎症から、動かすと痛みが走ります。

 一般的に、「腕が上がらない」「手が後ろまで回らない」などの障害が出てきます。
 高いところの物を取る動作や髪を縛る時、腕を回した時などに気付く事が多いです。

 ちなみに四十肩五十肩は、膝の関節などのように多くの動作で頻繁に使う部位と違い、肩の負担を控えて生活すれば、個人差はありますが半年から1年ほどで痛みが改善してしまうので、治療もうやむやになりがちな箇所です。
 しかしながら、痛みが治まっても肩の可動範囲が狭まってしまう現象に悩まされる方が少なくありません。

 大切な事は、炎症の痛みがひどい時は無理せずに、少しずつゆっくり動かす事が大切です。

四十肩五十肩の炎症を抑える治療

肩関節の改善方法

 炎症を抑えるために消炎鎮痛剤入りの湿布薬や、シャワーで温水と冷水を交互に肩にかけて血行促進を促す方法などの治し方が有効です。
 また、痛みが出ない程度に肩を動かす運動も肩周りの筋肉を衰えさせないために効果的です。

 もちろん、痛みをガマンするのは良くありませんから、無理をせず専門医に看てもらいましょう。

 大切なのは、治療中に少しずつ可動範囲を広げていくリハビリ運動を徐々に行うことです。そしてまだ四十肩や五十肩になる前の方でも、適度な運動やストレッチを日々の生活に取り入れることで、予防効果が高まります。

 また、四十肩五十肩の治療効果を高めるために、関節痛サプリメントや医薬品を取り入れるのも有効です。当サイトでは関節の痛みに効果的な成分サプリも説明しているので、是非ご覧ください。

話題の新成分関節痛サプリが人気!
⇒「膝・肘など関節痛に話題サプリ」記事こちら

サプリではなく医薬品を探してる方はこちらが注目されています。
⇒「肩・腰・全身の関節痛に効く薬リョウシンJV錠」記事こちら
グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント