膝の痛みにサポーターの効果や選び方

  • HOME > 膝の痛み関節痛の悩み > 膝の痛みにサポーターは効くの?効果や選び方について

膝の痛みにサポーターの効果は?

膝の痛みにサポーターは効くの?効果や選び方について

 膝が痛いとまず自分でできる良さそうなことを考えたります。そこで思い付くのがサポーター
「サポーターしてると歩くのが本当に楽」とか「膝の痛みが軽減した」なんて声も多く聞きますよね。

 ただサポーターって思ってる以上に種類が豊富で、探し始めるとどれが良いのか分からなかったり、そもそも自分の膝関節の痛みに効くサポーターがあるのかどうかも分からないものです。

 そこでこのページでは、膝の痛みとサポーターについてご紹介します。

膝サポーターの種類

 膝サポーターの意味は、その名の通り“膝関節をサポートしてくれるもの”です。
 膝の血行を良くして保温したり、関節の筋肉運動を補助してスムーズに動かす効果や関節の動き方を強制したりなんて機能があるものあります。

 そこで膝サポーターの種類を大きく分けると3種類。

・膝関節の保温メインのサポーター

 筒状タイプで関節を適度に締め付け関節を保温することで、血流を改善してくれる。
 3種類の中でも固定力は弱いですが、もちろん締め付け効果で無駄な関節の動きを減らしてくれる効果もあります。

 スポーツやランニング・登山など脚を酷使する運動に使われるサポーターも多くがこちらに含まれます。テーピング効果のあるサポーター等ですね。

・バンドやベルトタイプの固定サポーター

 マジックテープやベルトなどで膝をがっちり固定するサポーター。
 保温メインサポーターに比べて断然膝関節を固定するので、関節の正しい動きをサポートしてくれるので、筋力が弱くなっていたり、O脚やX脚など膝関節に負担を掛ける姿勢で現れる関節の負担を軽減してくれます。

・支柱型固定サポーター

 バンド・ベルトタイプサポーターの固定力にプラスして、膝関節の両側面に関節の可動方向を強制する金属や硬質プラスチック支柱がある支柱型固定サポーター。
 膝をがっちり固定するだけでなく伸ばす曲げるといった動作の動く方向も補助してくれるので、膝関節の左右へのグラつきを無くして、より悪い動きを抑制してくれますから、医療用としても多く採用されるタイプのサポーターです。

そもそも高齢者のひざ痛に効くサポーターってあるの?

高齢者のひざ痛に効くサポーターってあるの?

 サポーターを付ければどんなひざ痛も軽減するという訳ではありません。そうなると、高齢者の膝の痛みに効くサポーターがあるかどうかも不安でしょう。

 実は「サポーターを付けたら痛みが軽減した」という方もいれば、「どんなサポーターも効果がなかった」という方もいるんですね。
 お医者さんが患者さんに「一度試してみましょう」と言うのも、患者さんによって似た症状でも効果を感じる人としない人があるからです。こればかりは一度使ってみないと分からないということ。

 また、サポーターで痛みが和らいだとしても、サポーターによって患部が治ったわけじゃなく、あくまで補助してくれるもの。
 サポーターがあればもう大丈夫ってことではありません。

自分で試すなら保温タイプサポーターがおすすめ

 膝の痛みや不調を改善するためにご自分でサポーターを選ぶのなら、保温タイプのサポーターがおすすめです。その他のしっかり固定するサポーターは、ぜひ掛かり付けの整形外科など専門の医師に相談してから決めると良いでしょう。

 膝の痛みの状況を具体的に診てくれるのはお医者さんですし、あなたの膝の症状にどんなサポーターが合うのか、はたまた逆効果になってしまう場合なども、医学的な見地から正しく教えてくれます。

 強力に固定してくれるサポーターは値段も安くありませんし、知らずに買ってお金を無駄にしてしまうのでは悲しいですよね。
 最悪の場合、知らずに使って関節の痛みや症状が悪化してしまうなんて事がないとも限りませんから。

膝サポーターの効果や選び方まとめ

 膝サポーターの効果や選び方についてご紹介してきました。

 ところでこのサポーターについてですが、実は私の母が「膝の痛みを和らげるためにサポーターを付けてみたい」と言い出して、掛かり付けの医師とも相談しながら選んだ経緯を元に書いています。つまり、お医者さんの受け売りという。。
 まあでも、サポーターは私の母にとっては効果的なものじゃありませんでしたから、結局その後続けて装着することはありませんでした。

 ですが関節痛の悩みを持つ方にとってはやはり、サポーターで痛みが緩和するならぜひ付けてみたいと言うのが本心だと思います。そこでこんな記事を書いてみました。

 ちなみに保温用サポーターでも、関節の冷えを解消するだけで痛みが取れてしまう場合もあるそうですから、冷えで悩まれてる女性などは試してみると良いかもしれません。

膝に効く話題の関節サプリ

 また、膝の痛みが変形性関節症と診断された方には、関節軟骨を体内で作る力が衰えて起こりますから、膝関節サプリを摂取してみるのもおすすめです。

 最近では医師も注目する新しい軟骨そのままの成分「非変性U型コラーゲン」や「非変性プロテオグリカン」が凝縮したサプリメントもありますから、グルコサミンやコンドロイチンといった、効果の医学的根拠が証明されていない成分と違い、摂取しても消化分解されずにそのまま吸収されるのが話題です。

 母がサプリを実際に使ってみた効果や経緯について書いた記事もありますので、よろしければご覧ください。
⇒「膝痛で経験した関節痛サプリメントの口コミ」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント