関節リウマチ

関節リウマチの原因は?

 関節リウマチは関節を覆っている滑膜という膜が炎症を起こす病気で、進行すると骨や軟骨組織まで破壊してしまいます。とは言え発症原因が、体の自己免疫に異常が起こり、本来正常な体の組織を自ら攻撃してしまう事で起こるため、事前の予防が難しい疾患です。

 関節リウマチは、ひざ関節だけでなく手足の指関節や手首、肘など複数箇所に及ぶ事が多く、朝の寝起きに関節のこわばりや腫れぼったさの症状が現れます。また、左右対称の関節に現れるのも関節リウマチの特徴で、症状が進むと全身の関節に現れることもあります。

 病状が進行して骨や軟骨が破壊されてしまうと後遺症が残る場合もあるので、早めの対処が必要です。

 30代から50代の発症割合が高く、また男性よりも女性の罹患率が約5倍ほどと圧倒的に多いです。タバコ喫煙によって発症率が上がるという研究結果も発表されています。

関節リウマチの治療法

 関節リウマチの治療法は消炎鎮痛剤やステロイド剤、抗リウマチ剤など薬によるものが中心になります。
 近年ではサイトカイン阻害薬など非常に効果的な薬剤も開発されていますから、関節のこわばりや異常を感じたら早期治療を心掛けて根気よく病気と向き合うことが大切です。

 また、自己免疫異常を改善する効果が注目されている非変性U型コラーゲンは、実際の医療機関でも良い臨床結果を示しており、この非変性U型コラーゲンを配合した関節サプリもありますので是非おすすめです。当サイトでも話題の関節サプリについて書いていますので、よろしければご覧ください。

⇒「膝痛の原因と病気の種類」に戻る

非変性U型コラーゲン配合の膝痛サプリメント!
⇒「北国の恵みは関節リウマチに話題サプリ」記事こちら

グルコサミンが効かない方へ 膝痛サプリメント